さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

大坂の陣で真田幸村と共闘した明石全登!謎が多いキリシタン

教会

明石全登(あかしたけのり)は守護代明石家の末裔とされ、浦上家滅亡後に宇喜田直家(うきたなおいえ)に仕えました。

真田幸村とは「大阪の陣」の際、共に豊臣方として戦っています。

両者は他の将と共に共同戦線を形成しており、真田幸村が家康本陣への突撃を敢行した際、その背後を支えていたのが明石全登だといわれています。

真田幸村の大舞台!「大坂夏の陣」で見せた最後の勇姿

真田幸村に続き、明石全登も家康本陣に突撃をしていますが、真田隊が壊滅したのを受け戦場から退避しています。

今回は、謎が多いといわれている明石全登についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

「関ヶ原の戦い」でも活躍した明石全登

明石全登は“家老”として宇喜田家の執政を勤めていたのと同時に、豊臣秀吉の直臣でもありました。

「関ヶ原の戦い」では主家の宇喜田家と共に西軍として参戦、伏見城(ふしみじょう)陥落の際も奮戦しています。

武士

ちなみに剣豪として名高いあの“宮本武蔵”も関ヶ原の戦いに参加しており、明石全登が率いる部隊の一員だったといわれています。

明石全登の部隊は、東軍の猛将・福島正則(ふくしままさのり)を相手取り奮戦しました。

関ヶ原の戦いのあとは“流浪の身”に

関ヶ原の戦いでは、味方であった小早川秀秋(こばやかわひであき)が東軍に付いたことで西軍は一気に形成が不利になり瓦解、敗北してしまいます。

その際、明石全登はいち早く撤退を進言し、主君である宇喜田秀家(うきたひでいえ)を逃すために、殿(しんがり)として追手の黒田勢を相手に奮戦します。

ちゃんばら

関ヶ原の戦いのあと、明石全登は落ち延びた先で主君・宇喜田秀家と合流できず、一時流浪の身となります。
しかし関ヶ原の戦いで剣を交えた黒田長政(くろだながまさ)の父・黒田如水(くろだじょすい)に保護され客将として過ごします。

明石全登は熱心なキリシタンであり、黒田如水が没すると黒田家がキリスト教を禁止したため、再び流浪の身となっています。

<スポンサーリンク>

明石全登は謎に包まれた人物!?

「大阪の陣」のあとの明石全登の消息については諸説あります。
「徳川軍の水野勝成隊によって討ち取られた」とされる記録があるのと同時に、「九州に落ち延び、その後海外に逃れた」という記録もあり定かではありません。

キリシタン

明石全登はその生涯の中で動向が不明な部分が多く、架空の人物ではないかという説さえもあります。
「大阪の陣」のあと、明石全登の消息が不明であることもその説を勢いづけているともいえるでしょう。

ただ、明石全登の妻子は後に処刑されているため、実在していた人物だとされています。

最後に

明石全登は生涯キリシタンであったといわれており、その立ち回りの根拠もキリシタンとしての観点からと思われるものも多く、武勇と神秘性がある独特の人物だといえます。

<スポンサーリンク>

   


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ