さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村の甲冑「赤備え」に込められた意味、展示場所は?

彼岸花

真田幸村といえば朱色、赤色のイメージが強いのではないでしょうか。
ゲームやアニメでも赤でデザインされていることが多く、赤は真田幸村を象徴する色と言えます。

甲冑などの装備を同じ色で統一した部隊を「備え」と呼びますが、真田幸村の場合は「真田の赤備え」と呼ばれています。

今回はその「真田の赤備え」についてご紹介いたしましょう。

<スポンサーリンク>

赤備えに込められた意味、なぜ赤色なのか?

赤備えは元々、武田信玄が重用した千騎ほどの先発隊が発祥とされています。

この部隊がとても強く、赤備えは選び抜かれた屈強な精鋭部隊という認識が固定化したとされています。
また赤色は戦場で目立つため、部隊の活躍がより一層印象づけられたのでしょう。

炎

さらに当時は朱色の染料が非常に貴重で高価なため、特別な事がなければ装備一式を朱色に染めることなどできないという状況も、赤備えを特別化した要因の一つでしょう。

「真田の赤備え」は覚悟の表明だった!?

赤備えを採用した武将は何人かいますが、真田の赤備えについては少々事情が異なります。

真田幸村が赤備えを採用したのは「大阪の陣」での事です。

真田幸村が率いていた部隊のほとんどはお金で雇われた傭兵です。
真田家に長年使えてきた信頼できる家来でもなければ、精鋭部隊でもありませんでした。

武士

ではなぜ真田幸村はこの部隊を赤備えとしたのでしょうか。

それは劣勢であった豊臣側に味方することへの自身の覚悟の表明であり、兵士に赤を与えることで士気を向上させる目的があったと言われています。

さらに、赤備え=精鋭部隊というイメージがあったため、対峙した敵も少なからず恐れを抱くでしょうし、朱色は流血を隠すなど戦いにおける精神的効果も狙ったのです。

<スポンサーリンク>

真田幸村が使用した甲冑の展示場所って?

真田幸村が実際に着用したとされる甲冑はいくつか伝わっています。

なかでも真田幸村直系の「仙台真田氏」に伝わる甲冑は、その由来の確かさから本物であるとされています。

当世具足(戦国期に定着した形式の甲冑様式)と呼ばれるもので、体にフィットした洗練された形状をしています。
派手さはないものの、戦うための機能美が感じられる、まさに”本物”と呼べる代物でしょう。

甲冑

大河ドラマを控えた今、展示会などで甲冑を含め真田家ゆかりの品々を目にする機会が増えています。

2015年夏、東京では大阪夏の陣にちなんで「丸の内夏の陣」と称し、真田幸村の甲冑レプリカなどが展示されました。(大坂の陣400年 丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち

本物ではないのが残念ですが、レプリカでも実際に目の前にすると迫力があって楽しいものです^^

最後に

最近はネット検索すれば簡単に画像を見ることができますが、一度は目の前で本物の甲冑を見てみたいものですね^^

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

Comment

  1. たかなわはらゆからわ より:

    いいですね!わかりやすかったです!

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ