さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村の本名は信繁!幼名からわかる真田家の名付けルール

赤ちゃん

戦国武将の中でも、随一の知名度と人気を誇る真田幸村。
ゲームや映画、漫画などでの登場機会も非常に多く、その人気の広さは戦国ファンだけに留まりません。

それほど人気のある真田幸村ですが、意外にもその実像まではあまり知られていません。
その代表格と言えるのが名前であり、実は「幸村」は本名ではありません。

今回は、真田幸村の名前についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

真田幸村の本名「信繁」の由来は?「幸村」と呼ばれる理由とは

真田幸村の本名は「真田信繁(のぶしげ)」と言い、武田信玄の弟・武田信繁(たけだのぶしげ)にあやかって名づけられたと伝えられています。

なぜ、本名より「幸村」の名が広く伝わってしまったのか。
その理由は、江戸時代の人々が”読書好き”だったからなのです。

本

真田幸村の活躍はとても華々しく、散り際も人の心を打つものでした。
そのときの様子を劇的に演出した本が「軍記物」として販売され、当時、庶民の間で大流行しました。

その軍記物の中で、真田幸村ははじめて「幸村」の名で呼ばれることになります。

軍記物の流行で、徳川から「真田幸村という人物はいるのか」と真田家に問い合わせがあったそうです。
それに対して兄・信幸が、「その幸村という人物は、当家では”真田信繁”という名で認識している」と返答しています。

ちなみに「幸村」となった由来は諸説あります。
」は真田家の通し字、「」は村正という刀を幸村が携えていた事から来ている、など様々です。

幼名から分かる「真田家の名付けルール」

真田幸村の幼名は「源次郎(げんじろう)」。当時の次男らしい名前ですね。

ところが、長男である兄・信幸の幼名は、三人目の子供によくある名前「源三郎」。
「長男なのに源三郎?」と疑問に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

疑問

実は、真田家は長男が若くしてなくなる不幸が相次いだことがありました。

そのため長男につけられる文字を避け、次男や三男のような名をつけることでその不幸から逃れようとしたからだと言われています。

<スポンサーリンク>

実は真田幸村は長男だった!?説も

ほかにも面白い説があります。

真田兄弟の幼名「源次郎」「源三郎」の名の通り、真田家における長男は幸村だったという説です。
しかし幸村は「側室」の子だったため次男として扱われるようになり、「正室」の子であった信幸が長男になったというものです。

兄弟

ただこれらの話は、真田幸村の人気から創作された物だともいわれており、それほど信憑性は高くないとされています。

最後に

いつの世も、国を治める者(当時でいえば徳川家)に対しての不満を庶民は持つものです。

そんな徳川の祖家康を、あと一歩のところまで追い込み散った真田幸村はヒーロー視され、多くの人に愛されてきました。

そのヒーロー性を表すために生まれたのが、「幸村」という名前だったのかもしれません。

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

Comment

  1. 匿名 より:

    信繁だと返答したのは大坂の陣が終ってから200年ほど後なので、流石の信幸兄さんもそこまでは生きていませんよ。

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ