さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

徳川家康にとって真田幸村は気にも留めない存在だった!?

貝殻

徳川家康戦国を制した覇者といえる人物です。江戸幕府を開き、大平の世「江戸時代」の礎を築いた傑物です。

そんな徳川家康が恐れたのが、「大坂の陣」でわが身をかえりみず本陣に突撃してきた真田幸村だったと言われていますが、実はそのときまで真田幸村の存在は気にも留めていなかったという話があります。

今回は真田幸村と徳川家康の二人の関係についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

徳川家康の人物像

徳川家康の性格を簡単に言うと、勤勉で我慢づよく、好奇心旺盛といったところでしょう。
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」という有名な言葉からも、忍耐強く生涯をかけて“天下の座”を手中に入れたと言えます。

またあらゆる武術に長けており、鷹狩りや薬づくりをはじめとした多趣味である人物としてもよく知られています。

徳川家康が大きな影響を受けた二人の人物

徳川家康は幼い頃に今川義元(いまがわよしもと)の下で「人質」として過ごし、人の上に立つ者の使命や考え方などの多くを学んだと言われています。

今川義元は「桶狭間の戦い」で織田信長に敗れたことで知られる人物ですが、実は非常に優れた戦国大名であり、戦いだけでなく領民政策にも力を入れた名君です。

虎

さらに“甲斐の虎”と恐れられた武田信玄(たけだしんげん)にたびたび苦しめられる徳川家康ですが、軍事や政治などは武田家を手本にしたものが多いと言われています。

真田幸村のことは気にも留めていなかった!?

一度、徳川家康は領地を巡って真田家と戦をしており、真田幸村の父・真田昌幸(さなだまさゆき)の戦略に大いに苦しめられています。
この時、真田幸村は上杉家に「人質」として送られていたため、徳川家康と直接戦ったり出会ったりはしていません。

また関ヶ原の戦いの前、徳川家康から真田宛てに「莫大な恩賞を与えるので味方になるように」という書状が送られていますが、これは父・昌幸に宛てたものであり、真田幸村に宛てたものではありませんでした。

書状

今日こそ真田幸村の名は有名ですが、当時は全くといっていいほどの無名でした。徳川家康にとっては気にも留めない存在だったと言えます。

一方で真田幸村は豊臣家に恩義を感じており、その“豊臣の強大な敵”となる徳川家康をつねに敵対視していたように思えます。

そんな二人が直接相まみえたのは、「大阪の陣」での事です。

<スポンサーリンク>

「大坂の陣」で脅威となった真田幸村

「大坂の陣」にまつわる面白い逸話が残っています。

徳川家康のもとに「真田が大坂城へ入城した」と連絡が入ります。
それを聞いた徳川家康は狼狽し、恐る恐る「父か子か?」と問いかけ、子の幸村であることを知るとひどく安堵したと言われています。

過去の戦で手を焼いた名将・真田昌幸の恐ろしさはよく知っていましたが、子の幸村に対しては脅威を感じていなかったということが伺える逸話ですね。

甲冑,鎧,十文字槍

ところが「大阪冬の陣」では、真田幸村が築いた真田丸(さなだまる)の奮戦に徳川家康は大いに悩まされることになり、その後の「大阪夏の陣」では、あわや首を取られるというところまで真田幸村に攻め入られてしまいます。

真田幸村が築いた「真田丸」は弱点を補うためのものだった!

真田幸村の大舞台!「大坂夏の陣」で見せた最後の勇姿

この大坂の陣により、徳川家康の真田幸村に対する認識は、“無名の兵士”から、“恐怖の猛将”へと大きく変わっていたと言えるでしょう。

真田幸村は呪われた刀「村正」を持ち家康に恐れられていた?

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ