さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村の兜に鹿の角がつけられた意味、本物の所蔵場所は?

鹿の角

戦国武将における兜には、命を守る以外にも大切な意味や役割がありました。

それは自分の存在を周囲に知らしめることで見方を鼓舞したり、目立つことで敵に狙われやすくなるのを逆手に取り、勇猛果敢に戦うアピールをするといった役割です。

また戦国武将の兜は多種多様で、珍妙奇天烈な物から、現代のデザイナーがデザインしたかのような洗練されたものまで様々です。

では真田幸村の兜はどのような物だったのでしょうか。

<スポンサーリンク>


真田幸村の兜に鹿の角がつけられた意味とは?

戦で大活躍した真田幸村の兜は大きな鹿の角が一対備え付けられ、前方には六文銭の飾り」がほどこされたデザインが有名です。

鹿の角の雄雄しい形にあやかろうとした武将が沢山おり、当時よく使われていた意匠だったようです。

K-10 1/4 名将兜 真田幸村
K-10 1/4 名将兜 真田幸村
posted with amazlet at 16.04.07
童友社 (2015-12-26)
売り上げランキング: 30,204

ちなみに真田幸村の兜は、九度山で共に幽閉生活を送っていた父・昌幸より授けられた物だと言われています。

兜をはじめとした武家の武具には力が宿るとされ、代々大切に受け継がれるケースが多くあります。
また相手の力を認めたり、戦に送り出す人が様々な思いを込めて贈ることも多々ありました。

幸村の兜もそのひとつと言えますね。

<スポンサーリンク>

本物の兜の所蔵場所は?

真田幸村が所用していた兜は息子を通じて伊達家を経て、いまは「仙台真田家」に伝わっています。

文献とも矛盾がなく、真田幸村が生きた時代にあった形式の鎧(当世具足)であることから、本物であると言われています。

武士

実物を見てみたい!という方に朗報です。
元々人気のある武将・真田幸村ですが、大河ドラマを控えた昨今、さらに注目度が高まっています。

ときおり開催されるイベントなどでは、真田幸村の直系にあたる「仙台真田家」所蔵の品々が公開される事もあり、比較的容易に実物を見る機会を得ることができます。

また長野県にある「真田宝物館」では、真田家ゆかりの武具や書物が展示されています。

残念ながら真田幸村本人に関する物は展示されていないようですが、真田家系図のレプリカや実際に戦場で使用された武具や羽織を目にすることができます。

最後に

日の本一の兵の評に習い、その勇猛果敢さを子供にもという願いから、真田幸村の兜をデザインした五月人形が人気を集めているようです。

真田幸村の兜や鎧は、一般的に子供が大好きな赤色だからというのも人気のひとつかもしれませんね。

<スポンサーリンク>


      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ