さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村の家系図から見る真田家を支えた人々

真田幸村,家系図

戦国末期に有名を馳せ、日の本一の兵と評される真田幸村。
今回は真田家の『家系図』とともに、真田幸村を取り巻く周囲の人々ついてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

真田幸村の偉大な父と優れた兄

真田家の家計図で特に重要視されるのは、間違いなくでしょう。
真田幸村に比べて一般的な知名度はそれほど高くありませんが、戦国ファンの間では言わずと知れた二人なのです。

真田幸村,家系図

父・昌幸(まさゆき)
戦国を代表する大勢力(上杉・武田・織田など)に囲まれ、弱小勢力の一つに過ぎなかった真田家を、巧みな戦術によって存続させた名将。

真田幸村の父は偉大だった!名将と呼ばれた真田昌幸とは

兄・信幸(のぶゆき)
真田本家を継いだ当主。実は幸村ではなく兄・信幸の系譜が真田家の本流。
関ヶ原合戦では徳川側に付くことで、どちらが勝っても真田家が存続できるよう図った。

真田幸村には、他にも多くの兄弟がいます。

真田幸村,家系図参考:「真田幸村 英雄の実像」著:山村 竜也(河出文庫)

当時の通例ということもあり、女子にいたっては名前さえ伝わっていません。
政略により養子に入ったり、また逆に縁戚となり義理の兄弟となった人も含めると10名以上にものぼります。

<スポンサーリンク>


兄と義理の父に命を助けられた真田幸村

家計図を見てみると、真田幸村の兄・信幸の妻(小松姫)は、徳川家康の側近である本田忠勝(ほんだただかつ)の娘であることがわかります。

このことが真田幸村にとって非常に重要なことになります。

真田幸村,家系図

関ヶ原合戦で徳川の敵となった真田幸村と父・昌幸は、本来厳しく処罰、処刑もありえました。

しかし関ヶ原で徳川派として活躍した兄・信幸と、信幸の義理の父・本田忠勝が、徳川家康に二人の助命を懇願したのです。

徳川家康はその願いを無下に出来ず、真田父子には蟄居(ちっきょ・今でいう謹慎処分)という寛大な処分を下しました。

真田幸村と兄・信幸はどちらが優れていたのか、兄弟仲は?

このとき命を奪わなかった真田幸村に、のちに起こる「大阪の陣」で後一歩まで追い詰められるとは、徳川家康も想像していなかったでしょう。

最後に

家系図を辿ると、真田家を存続させようと様々な計略をめぐらせた痕跡を見つけることができます。

歴史の流れに家計図を添えて見てみると、様々なドラマを発見できて面白いですね^^

戦国の世をたくましく生きる!真田幸村の11人の子供たち

<スポンサーリンク>


      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

Comment

  1. 大野義明 より:

    真田家の一族の末裔と思われる人たちが住んでいる場所が、岐阜県中津川市阿木広岡地区に有ります。
    この地区に真田性を名乗る家が数件あり、これらの家のお墓には六文銭が彫り込まれています。
    この地域は、恵那山のふもとで奥深く、中山道からも外れており、岩村藩には近いのですが、このような山奥に隠れるように住んでいること自体、徳川方についた信幸方の末裔ではないと思われます。
    その家には真田家から伝わる六文銭を記した品もあり、一族の末裔ではあると思われますが、なぜ、このような山深くに存在するのか誰か教えてください。
    実は私の妻の母方(真田性)の実家です。

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ