さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村の家紋『六文銭』が意味する武士の覚悟!由来は川?

六文銭

真田幸村といえば『六文銭(ろくもんせん)』の家紋が有名です。

家紋は戦国における自分の看板のようなもの。鎧や旗などに家紋を描き、その活躍を周囲に知らしめるといった目的もありました。

真田幸村も例にもれず、真田家の家紋『六文銭』の意匠を、旗や兜などの装備品にあしらっていたと言われています。

では、家紋となった六文銭にはどのような意味が込められていたのでしょうか。

<スポンサーリンク>

そもそも『六文銭』ってなに?

六文銭といえば昔のお金の単位ですが、一方で「三途の川(さんずのかわ)」を意味しています。

三途の川とは「この世」と「あの世」の間に流れる川のことで、「命を落とした者は、三途の川を渡ってあの世に行くもの」だと昔の人々に信じられていたのです。

船渡し

三途の川には渡し船があり、船賃を払わないと川を渡れないとされていました。

その事から「故人が川を渡る際に困らないよう、葬る際に六文の銭を傍らに入れるという習慣があったのです。

家紋を六文銭にした由来は「三途の川」にあった!

この三途の川の習慣こそが、真田家の家紋が六文銭である由来でもあるのです。

「いつ命を落としても大丈夫なように、六文銭を常に身につけておく」

すなわち、
「常に命をかけて戦いに挑もうという心意気」
「武士たる者、いつ命を落としても悔いが残らない戦いを」
という気概から来ている物なのです。

六文銭

そんな強い意志が込められた家紋だからこそ、現代でも『六文銭』が真田幸村のイメージとして強く結びついているのでしょう。

<スポンサーリンク>

真田幸村は「大阪の陣」で六文銭を使用できなかった!?

実は、真田幸村が獅子奮迅の大活躍をした「大阪冬の陣」「大阪夏の陣」で六文銭は使用されなかったと伝えられています。

そこには六文銭を使用できない理由があったのです。

真田幸村は戦国武将のなかでも非常に有名で、真田家といえば幸村という印象を持つ人は多いと思います。

しかし真田家の本流は真田幸村の兄・信幸であり、信幸は「徳川派」に属していました。
一方、弟の幸村は敵対する「豊臣派」に味方していたことから、本流である兄に迷惑をかける訳にはいかない…。

旗

そういった理由から、大阪の戦いでは六文銭ではなく「赤一色の無地の旗指物(はたさしもの)」が使用されたと言われています。

真田家の家紋は『六文銭』だけじゃない!

ところで、真田家の家紋は『六文銭』以外にもあったことをご存知でしょうか。

前述の通り、六文銭とは武人としての心構えに由来している物ですので、戦時以外では角が立ってしまいます。

そのため『結び雁金(むすびかりがね)』や『州浜(すはま)』といったまったく別の意匠の家紋を用いる場合もあったようです。

家紋出典:rokumonsen.com/真田氏家紋(六文銭など)

ただ戦国時代が長く続き、実質『六文銭』が常用の家紋になったという背景から、他の家紋はあまり使用されなくなっていったと考えられます。

最後に

近年の戦国人気の関係で、仙台市大阪市などの真田幸村に縁深い場所で、しばしば展示会が行われているようです。

展示会では実際に使用されていたという旗指物や、真田幸村が放ったとされる武器などを見ることができます。

それらの品々を目にすることで、武将・真田幸村の生き様を肌で感じることができるかもしれません。
機会があれば、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか^^

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ