さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

戦国の世をたくましく生きる!真田幸村の11人の子供たち

赤ちゃん

真田幸村には正室(本妻)のほかに側室(妾)がおり、子供も沢山いました。
これは戦国時代の武人のごく一般的な習慣であり、真田幸村もその例外ではありません。(真田幸村の妻は5人もいたって本当!?夫を支え続けた竹林院

今回は妻との間にできた、真田幸村の子供たちについてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

戦乱の世を生きた真田幸村の子どもたち

真田幸村の子は少なくとも、四男七女の11人いたとされています。

長男の大助は十代前半の若さながら、真田幸村と共に「大坂夏の陣」で戦います。
家康本陣の突撃失敗後、真田幸村に「主君・豊臣秀頼(ひでより)の最期を居届けよ」といわれ、大坂城に戻ります。

刀

やがて大坂城は落城。投降を呼び掛けられるもそれを拒否し、主君・豊臣秀頼が自刃するのを見届けたあと、自らも自刃をして果てました。
まだ若いながらも、父・幸村と同じく武人らしい最期だったと言えるでしょう。

「大坂夏の陣」が終わると、残された他の子供たちはそれぞれ別の人生を歩むことになります。

真田幸村,家系図

次男の大八は、伊達家家臣の片倉家へ養子として入ることになります。後に仙台真田家初代当主となり、真田幸村の血筋は現代にも継承されています。

真田幸村の子孫が受け継ぐ歴史!実は芸能人にも子孫が?

側室の子らも同様に他家に入り、その後の人生を送っています。

<スポンサーリンク>

「真田幸村の敵」に守られた子供たち

消息不明の子もわずかに居ますが、子のほとんどが本来なら「真田幸村の敵」である勢力に保護されています。

特に伊達家は、所在を追及する徳川を騙してまで真田幸村の子を守り通しています。公式文章に嘘の死亡記録を記し、真田性を隠させるということもしています。

赤ちゃん

一体なぜ、そこまでして真田幸村の子供を守ろうとしたのか。
真実はわかりませんが、伊達家には反・家康の風土が少なからずあったと言われており、それが関係しているのではないでしょうか。

もしかしたら幸村の子を保護したほかの武家にも家康に対する反抗心があり、真田幸村は彼らにとってのヒーローだったのかもしれません。

最後に

鹿児島に伝わる伝説に、「姫子のような秀頼連れて、鬼の真田が渡ってきた」というものがあります。これは真田幸村生存説の一つです。
もしこれが事実であれば、この伝説の地にも真田幸村の血脈が存在しているのかもしれません。

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ