さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

大坂の陣で真田幸村のよき理解者だった猛将・後藤又兵衛とは

夕日,馬

後藤又兵衛(ごとうまたべえ)は、戦国中期から活躍した“命知らずの猛将”として知られています。

本名は後藤基次(ごとうもとつぐ)ですが、通称であった「又兵衛」の方が定着し、後藤又兵衛として有名になりました。

今回は、真田幸村と共に大坂の陣で奮闘した「後藤又兵衛」についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

各地に知れ渡る後藤又兵衛の武勇

後藤又兵衛は、もともとは後藤家を追放された“分家の出”であり、豊臣秀吉の家臣である仙石秀久(せんごくひでひさ)に仕えていました。

その後、黒田如水(くろだじょすい)(剃髪前は黒田官兵衛)に仕えると度重なる戦で大活躍し、大名といってもよいほどの所領が与えられます。

小判

黒田如水から厚い信頼を置かれますが、跡を継いだ長男の黒田長政(くろだながまさ)とうまが合わず、再三対立した結果、黒田家から出奔しています。

真田幸村と同じく、無官の身(今でいう無職)のところを豊臣家に誘われ、大坂城に入城し「大坂の陣」に参戦しています。

真田幸村とは“別格の扱い”だった後藤又兵衛

大阪冬の陣の際、徳川家康が後藤又兵衛のことを「警戒すべき人物の一人」として認識しているほど、その武勇は広く知られていました。

日本地図

後藤又兵衛は六千人規模の軍を与えられ、徳川軍の主力を形成する「上杉勢」「佐竹勢」と対峙し、激しい戦いを展開しました。

大坂の陣でわずかな兵しか与えられず、籠城(ろうじょう)戦を行った真田幸村とは別格の扱いだったといえるでしょう。

真田幸村は大活躍した「大坂冬の陣」で発言権がなかった!?

そんな待遇の違う二人ですが考え方は似ていたようで、大阪冬の陣で「野戦をすべきだ」と主張した真田幸村に後藤又兵衛も賛同しています。

<スポンサーリンク>

後藤又兵衛の最期をひどく悔やんだ真田幸村

後藤又兵衛は「大阪夏の陣」の緒戦で約3000人の兵を率い、三万規模の大軍に対して果敢に戦うものの窮地に陥り、最後は突撃して討ちとられます。

このとき救援として向かった真田幸村を含む部隊が濃霧に見舞われ、進軍が困難になった結果、到着が遅れてしまったといわれています。

武士

真田幸村はそのことを非常に悔やんでいます。

「又兵衛を死なせてしまったのは自分に責任があり、もはや家康に決死で突撃せねば又兵衛の命に報いることができない」

と、この直後の“家康本陣への突撃”を示唆する言葉を残しています。

真田幸村の最期となった家康本陣への突撃は、後藤又兵衛への手向けという意味合いもあったのかもしれません。

真田幸村の大舞台!「大坂夏の陣」で見せた最後の勇姿

最後に

当時無名であった真田幸村と、武勇馳せていた後藤又兵衛。
待遇の違いはあれど、後藤又兵衛は真田幸村の提案を公平な目で見ており、また良き理解者の一人だったといえます。

真田幸村にとってもそれは同じだったといえ、だからこそ後藤又兵衛の最期をひどく悔やんだのでしょう。

<スポンサーリンク>

   


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ