さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村は呪われた刀「村正」を持ち家康に恐れられていた?

刀

妖刀として恐れられた『村正(むらまさ)』。
特に徳川家に不幸をもたらすとされ、反・徳川勢にとっては”打倒徳川の聖剣”として扱われる事もあります。

今回は、真田幸村が持っていたとされる「村正」についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

「村正」ってなに?

「村正」はもともと、とある刀鍛冶職人の名前でした。
数代に渡ってその名が受け継がれており、彼らが打った刀を「村正」と呼ぶようになったのです。

様々な講談で”妖刀”として描かれており、「人を斬るまで鞘(さや)に収められない」「持つ者を狂わせ命を奪う」など、おぞましい姿で描かれています。

こわい

ただ当時、村正は人気のある刀で所持していた者も多く、「たまたま」そうであった所を面白く語り継がれたのではないかという見方もあります^^;

村正がもたらした徳川の不幸の数々

「村正は徳川に不幸をもたらす」と噂されるようになったのには、いくつか理由があります。

徳川家康の祖父は家臣に裏切られ、その家臣が携えていた村正に斬られて命を落としました。

刀

さらに織田信長から謀疑が掛けられた際、家康の息子・徳川信康(とくがわのぶやす)が切腹させられることになります。
その際、介錯(かいしゃく)として徳川信康の首をはねたのが村正でした。

村正はほかにも事あるごとに徳川を苦しめたため、家康は村正を「呪われた刀」として嫌い、避けるようになったのだそうです。

村正を携えた真田幸村の「ヒーロー像」

真田幸村は、あと一歩のところまで徳川家康に攻め寄りましたが、このとき振るっていた刀が村正だとされています。

これは、時の支配者である徳川と勇猛果敢に戦ったヒーローとして、真田幸村に「村正」を持たせるという、創作上の演出から来ていると言われています。

武士

ちなみに真田幸村の本名は「信繁(のぶしげ)」であり、「幸村」は後年付けられた通称です。
一説には、真田家を表す「幸」と村正の「村」を合わせて「幸村」と呼ばれるようになったという話があります。

<スポンサーリンク>

真田幸村が使った刀はダメになる!?

刀にまつわる面白い逸話があります。

真田幸村には、なぜか「使った刀がすぐダメになる」という悩みがありました。
それを聞いた義父の大谷吉継(おおたによしつぐ)は、次のように言って真田幸村に名刀を与えたといいます。

「君が使った刀は、瞬く間に”なまくら”になってしまうようだから、この刀はいざという時まで使ってはいけません」

刀

義父にまで心配されるほど、真田幸村は刀のことを気に病んでいたのかもしれません(笑)。

真田幸村の刀がすぐダメになる理由とは

ところで、本当に真田幸村の刀はすぐダメになっていたのでしょうか。
真偽は定かではありませんが、これには二通りの見方ができます。

  1. 真田幸村の扱いが下手なので、すぐ刀がダメになってしまうと揶揄している。

  2. 刀は人を斬るとすぐに使い物にならなくなるため、戦場で活躍する真田幸村の刀はすぐに使えなくなるという比喩。

ちなみに刀が武士の象徴として定着したのは江戸時代に入ってからであり、戦国時代の主な武器はでした。

真田幸村の活躍も恐らく槍での働きであり、刀よりも槍の扱いのほうが得意だったのではないかと考えられます。

真田幸村は十文字槍の名人だった?刀より槍が主役の戦国時代

最後に

大坂の陣で、呪われた刀「村正」を携えて眼前まで攻め入る真田幸村の姿に、徳川家康もさぞかし肝を冷やしたことでしょう^^;

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ