さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村の義父・大谷吉継は豊臣秀吉をも唸らせた名将だった

夕日

大谷吉継(おおたによしつぐ)は戦国時代の武将の一人です。若くして豊臣秀吉にその才能を見出され、「百万の軍の指揮を取るべき逸材」とまで評された名将です。
戦国ファンの間では大谷刑部(おおたにぎょうぶ)の通称で知られています。

真田幸村は人質時代に豊臣秀吉から大変可愛がられており、そのとき大谷吉継の娘・竹林院(ちくりんいん)を正室として迎えています。

今回は、真田幸村の義父・大谷吉継についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

関ヶ原の戦いで東軍から西軍の味方へ!

関ヶ原の戦いで、徳川軍(東軍)に味方するために進軍していた大谷吉継。
その道中、徳川の敵であり旧知の仲でもある石田三成(いしだみつなり)の元を訪れ「お前は徳川家康に勝てない。一家臣でしかないお前と、かたや二百七十万石の大大名。勝負は知れている」と、勝てぬ戦に挑むべきではないと諭しています。

爆発

しかし石田三成の揺るがない固い決意に触れ、大谷吉継は西軍の味方となる決心をします。

徳川軍に加わる恐れのあった前田家に対して虚偽の情報を流し、かく乱して金沢へ留まらせるなど、関ヶ原開戦時の西軍優位な状況を作り出しました。

また、関ヶ原の戦いの勝敗が決定的になったといわれている小早川秀秋(こばやかわひであき)の裏切りを事前に察知し、配下の軍勢が裏切るまで小早川勢を押さえ込むなど名将の名に恥じぬ活躍をしています。

<スポンサーリンク>

大谷吉継が真田幸村に贈った刀

真田幸村と大谷吉継の仲はどうだったのでしょうか。そのことを伺えるエピソードとして、大谷吉継が真田幸村に刀を贈った話があります。

当時、真田幸村の使った刀はすぐに使えなくなるという噂があり、幸村本人もたいそう悩んでいたそうです。
それを聞いた大谷吉継は真田幸村の下を訪れ、次のように話して刀を贈ったといわれています。

「この刀はいざという時にのみ使用しなさい」
「私が試し切りしたときは、三重に重ねた兜を両断したので安心しなさい」

刀

いざ戦のときに刀が使えなくなっていては大変だと、義理の息子のことを案じていたと取れる逸話です。

真田幸村は呪われた刀「村正」を持ち家康に恐れられていた?

最後に

大谷吉継は若くして病を患い、後に歩くことができなくなっています。
武人として戦線で戦うことができない自分の分も、娘婿の真田幸村には活躍して欲しいと願っていたのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ