さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村に仕えた“二人”の堀田作兵衛?娘梅は幸村最初の妻

親子

真田幸村には正室のほかに数人の側室がおり、その中の一人が堀田作兵衛(ほったさくべえ)の娘とされています。

今回は真田家の家臣であり、真田幸村の義父でもある堀田作兵衛についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

親も子も「作兵衛」!?

堀田作兵衛は、もともと真田幸村の家臣として仕えていた人物です。
子も作兵衛と名乗ったことから、代々「作兵衛」と名乗っていたのだと思われます。

命名

伊達政宗の側近である片倉小十郎(かたくらこじゅうろう)も、代々「小十郎」の名を名乗ったのが同じ例として有名でしょう。

堀田作兵衛の娘(梅)は真田幸村の最初の妻

堀田作兵衛の娘(梅)は、真田幸村に最初に嫁いだ女性とも伝わっています。

のちに真田幸村が豊臣秀吉に気に入られ、大谷吉継の娘(竹林院)を妻に迎えることになるのですが、「豊臣秀吉の手配で嫁ぐことになる竹林院が“側室”となる」のは如何なものかと問題になってしまいます。

その結果、堀田作兵衛の娘(梅)が側室となって身を引いてたのではないかと言われています。

真田幸村の妻は5人もいたって本当!?夫を支え続けた竹林院

赤ちゃん

その後、「関ヶ原の戦い」で敗れた真田幸村は配軍の将となり、九度山への配流となります

真田幸村と梅の間に娘(すえ)が生まれていましたが、上田に留まり、祖父にあたる堀田作兵衛が育てています。

<スポンサーリンク>

“子”の堀田作兵衛と家族の最期

一方、“子”の方の作兵衛も真田幸村に家臣として仕えています。

「大阪の陣」では真田幸村と共に大坂城へ入城し、共に奮闘しています。
真田幸村が徳川家康本陣へ突撃した際にも行動を共にし、最後は討ちとられたとされています。

ちゃんばら

大坂の陣がはじまる前、堀田作兵衛は妻子に身を隠させましたが、真田幸村の兄・信之によって発見され、長女は処罰されて命を落としています

真田幸村の兄・信之が立たされた立場

徳川家に仕える信之にとって、敵となる弟・幸村の大阪の陣での奮戦は、その立場を危うくさせるものでした。
そのため真田家ゆかりの人物であったとしても、真田幸村と行動を共にした人々の処罰もせざるを得なかったと思われます。

土下座

一度「関ヶ原の戦い」で、父・昌幸と弟・幸村の助命を徳川家康に懇願した経緯があるため、今回の大坂の陣ではなおさら手加減するわけにはいかない状況であったといえるでしょう。

真田幸村と兄・信幸はどちらが優れていたのか、兄弟仲は?

ただ堀田作兵衛の息子はまだ幼く、別家に養子として入っていたことから処罰を免れています。

最後に

親子二代にわたって真田幸村に仕え、父の作兵衛は娘を幸村に、子の作兵衛(興重)は幸村と共に戦いました。

真田幸村は武将として決して恵まれた境遇ではありませんでしたが、そばで支えてくれる家臣には恵まれていたといえるのかもしれませんね。

真田幸村に仕えた高梨内記、娘きりが幸村の妻になった理由は

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ