さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

猿飛佐助は実在したのか?忍者になるきっかけは猿だった!?

猫

猿飛佐助(さるとびさすけ)は、真田幸村に使えたといわれる特殊部隊「真田十勇士(さなだじゅうゆうし)」の筆頭格として有名です。(真田幸村のスペシャリスト集団「真田十勇士」は架空か実在か

猿飛佐助が主役となる講談もあり、古くから親しまれている人物です。
超人的な忍術の力を発揮し、真田幸村を支えた代表的な人物として知られていますが、実際には架空の存在だとされています。

今回は、真田十勇士として人気の高い猿飛佐助についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

猿飛佐助が忍者になったきっかけはサル!?

猿飛佐助は講談や書物のなかに登場することが非常に多く、その人気の高さがうかがえます。

忍者で有名な「戸隠(とがくし)の里」サルと戯れている姿から才能を見出され、甲賀衆に入って忍術を修行したという話が有名です。

真田幸村とは多くの戦いを共にしており、真田家の通し字である「幸」を与えられ、「猿飛幸吉」と名乗ったともされます。

さらに真田幸村には、最後の戦い「大坂の陣」で実は生き延びていたという伝説があり、そのとき薩摩(現在の鹿児島)に落ち延びた真田幸村の逃走を助け、共に生きながらえたのが猿飛佐助という説も人気が高いようです。

猿飛佐助は実在?それとも架空の人物?

猿飛佐助は実在しない架空の人物だと言われていますが、豊臣秀吉に仕えた「猿飛仁助」がモデルではないかという説があります。

こんな話が残っています。
“数千人を従える野党頭”だった猿飛仁助は、莫大な恩賞を目当てに、織田信長が率いる軍の後方から突然襲いかかります。

そのとき殿(しんがり)として信長軍の後方を守っていたのが、豊臣秀吉でした。

天下

猿飛仁助は「秀吉こそ天下を取る人物だ」と感じ取ると、そのまま豊臣秀吉の配下となり、天下取りに協力したといわれています。

 

また一方で、猿飛佐助が実在するという説もあります。

猿飛仁助の子が佐助であり、人質として大坂城にいた真田幸村の将器に惚れ込み、仕えるようになったとされています。

<スポンサーリンク>

猿飛佐助が人気の理由とは

猿飛佐助は戦国時代を扱った映画や漫画、ゲームでも数多く登場しています。

真田幸村に仕えたという点から知名度も高く、存在の可否を問わず様々な媒体で登場するなかで、徐々に魅力的な人物像が作られていったともいえます。

忍者

ヒーローを支えた陰の実力者であり、「動物と遊んでいるところから才能を見抜かれ忍者となった」等のユニークなエピソードなども、人気の要因の一つなのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

      2016/04/13


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ