さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村は武田信玄の部下ではなく「人質」だった!?

虎

真田幸村は人気ゲームで、武田信玄(たけだしんげん)の弟子や部下として描かれることがあります。
そのことが影響して、二人は主従関係だと勘違いされることもありますが、実は直接の関係はほとんどありません。

今回は、そんな真田幸村と武田信玄の関係についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

”甲斐の虎”と恐れられた武田信玄

武田信玄といえば、”甲斐の虎”と恐れられた戦国時代初期〜中期の猛将です。

戦国最強と名高い「武田騎馬隊」や、「赤備え部隊」の活用のほか、河川整備や金山開発など、多岐にわたって評価されている名将です。
当時、勢力を拡大していた織田信長に対抗できる数少ない勢力でした。

虎
反・信長勢の間では、武田信玄の上洛(じょうらく)が期待されていましたが、惜しくも上洛の途中で病に倒れてしまいます。

またライバルの上杉謙信(うえすぎけんしん)と幾度となく戦った「川中島の戦い」などは、戦国ファンでなくても聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。

真田幸村は武田家の「人質」だった!

武田信玄には、もともと真田幸村の祖父が仕えており、父・昌幸は「武田臣下の部下」という身分でした。

やがて祖父がなくなり、父・昌幸の兄弟も戦で命を落とします。
父・昌幸は真田家を継ぐことなり、それに伴い「武田臣下の部下」→「武田家の臣下」へと昇格します。

このときに真田幸村は人質」として武田家に送られています。
ゲームなどで見られる「武田信玄の家臣」という立場ではありませんでした。

武士

ちなみに真田幸村の本名である「信繁(のぶしげ)」は、武田信玄の弟・武田信繁(たけだのぶしげ)から取ったものだとされる説があります。

影武者として、自分の身を呈して兄を支えた武田信繁のように、真田幸村にも「兄・信之を支えて欲しい」という願いが込められたといいます。

<スポンサーリンク>

臆病な部下も「適材適所」!武田信玄の優れた能力

武田信玄は「適材適所」を見極める能力が優れていたと言われ、そのことを表すエピソードがあります。

武田信玄の部下に、戦に出たがらない臆病な者がいました。
しかし信玄は、

「臆病な者は周囲の人間をよく見ている。謀反を起こそうとしている裏切り者を見分けることができるかもしれない」

と考え、家臣内で裏切り者がいないかを監視させたといいます。

監視

武田信玄は人の能力を冷静に分析し活かすことができる、非常に優れた人物だったことが伺えますね。

最後に

実際には、ほとんど繋がりのない武田信玄と真田幸村。

しかし武田信玄の軍団といえば「朱色の具足揃え」、真田幸村も「真田赤備え」とよばれる軍団を運用していたことから、どちらも赤のイメージが強いことが挙げられます。

真田幸村の「赤備え」は武田信玄から受け継がれたものなのか定かではありませんが、そこから武田信玄との繋がりを想像していくのも面白いかもしれませんね^^

戦国武将Tシャツ 武田信玄
売り上げランキング: 14,564

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ