さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

上田合戦で徳川の大軍に大勝利!真田幸村と父昌幸の活躍とは

火花

上田合戦(うえだかっせん)は、各地で起きていた関ヶ原合戦の緒戦の一つです。

上田城合戦とも言われており、真田家の本城である上田城を中心とした、いくつかの支城での広域戦が行われていました。

圧倒的不利な状況であったにもかかわらず、真田幸村と父・昌幸(まさゆき)は“徳川の主力部隊”という大軍を打ち破り、大勝利を収めています

今回は、真田親子が活躍した「上田合戦」についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

上田合戦で兄・信之と戦うことになった真田幸村

上田合戦で真田幸村は「伊勢崎城(いせざきじょう)」を守っており、大軍である徳川秀忠の軍を迎え撃とうとしていました。

しかしここで予想外の出来事が起こります。
秀忠軍の中で伊勢崎城の攻略を任されていたのが、真田幸村の兄・信之(のぶゆき)だったのです。

城に攻め入ってくる軍勢が兄の部隊であることを知った真田幸村は、すぐに城を捨て、本城である上田城に撤退しています。

城

真田幸村が戦わずに撤退したのには、いくつか理由があるとされています。
一つは実の兄と戦うのを避けるため、また徳川での兄・信之の立場を確固たるものにするためという説もあります。

つまり戦後の待遇を考えて、真田幸村はあえて兄に手柄を立てさせたのではないかと言われています。

名将と名高い父・昌幸の本領発揮!

上田城での攻防では、真田幸村の父・昌幸の知略が冴えた戦となりました。

軍配

敵対する秀忠が率いていたのは徳川の主力部隊であり、徳川家康が率いる軍勢に一刻も早く合流せねばならない状況でした。

その合流地に向かう途中に、味方である上田城で補給を受ける予定だったのですが、突然の真田親子の敵対はまさに寝耳に水の状況だったのです。

さらに大軍を率いる秀忠は戦自体に参加するのが初めてであり、その点の脆さを昌幸は見抜いていたと思われます。

<スポンサーリンク>

秀忠軍を苦しめた真田親子の活躍

真田親子の役割は、秀忠率いる徳川の主力本隊を決戦の場に遅らせることでしたが、結果的にそれ以上の戦果を挙げています。

秀忠軍を挑発するように小隊を出陣させ、攻めてくれば城に戻り、城からの一斉攻撃で徐々にその大軍の戦力を削っていきました。

上田合戦要図

いち早く上田城を落としたい徳川秀忠は焦りをつのらせると、ついに突撃を命令し、上田城の外門を打ち破ります。

ところがその動きを読んでいた真田幸村の父・昌幸は、城内に入った秀忠軍の後ろから兵を出し、相手の意表をついて蹴散らしてしまいます。

この奇襲を受けて徳川秀忠はあわてて軍を下げますが、今度はそこに幸村隊が鉄砲を射ち込み、さらに混乱に乗じて昌幸が突撃して追い打ちをかけ、秀忠軍は窮地に追いやられます。

爆発

命からがら逃げ延びた徳川秀忠は、体制を立て直そうと兵を集めますが、それすらも昌幸の計算内でした。

あらかじめせき止めていた川を一気に開放すると大量の土砂が秀忠軍を襲い、もはや部隊を立て直せないほどの大きな損害を与えたのです。

最後に

上田合戦の大勝利は、昌幸の巧みな戦略とそれを支えた真田幸村の働きによるものだと言えるでしょう。

真田幸村は父・昌幸から学んだこれらの戦法を、のちの大坂の陣で築かれた出城「真田丸(さなだまる)」でも存分に発揮したと言われています。

真田幸村が築いた「真田丸」は弱点を補うためのものだった!

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ