さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村の母・山之手殿は公家の出身?強く気丈な女性だった

花

真田幸村の母・山之手殿(やまのてどの)。出自には様々な説がありますが、どれも確証はなく、はっきりしたことは謎に包まれた女性です。

今回は、そんな真田幸村の母・山之手殿についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

様々な説が飛び交う山之手殿

山之手殿は「京之御前様」とも呼ばれていたことから、公家(くげ)の出だったのではないかといわれています。

公家

ただ「当時、武田家家臣の一人に過ぎなかった真田昌幸に、公家の娘が嫁ぐだろうか」と疑問がもたれており、公家の出ということに否定的な説も存在しています。

また「真田幸村と兄・信幸は異母兄弟」という説もあります。その説で真田幸村は、正室である山之手殿の子ではなく、側室の子だとされています。

人質になるも真田幸村の義父に保護される

世が「豊臣派」「徳川派」の二つに割れた時代。
徳川家康による上杉討伐が始まると、その背後を討つべく石田三成(いしだみつなり)が挙兵し、徳川派の武将の家族を人質にとります。

立場を明確にしていなかった真田家もその対象となり、山之手殿も人質として大坂城へ移されます。

城

しかし、真田幸村の義父である大谷吉継(おおたによしつぐ)が石田三成の味方となったことが幸いし、山之手殿は無事に保護されることになったのです。

<スポンサーリンク>

山之手殿の晩年も謎だらけ

その後の「関ヶ原の戦い」で夫・昌幸は敗軍の将となり、九度山への配流となってしまいます。

真田幸村が九度山で送った、13年間の苦しい幽閉生活

ここでも山之手殿には諸説あります。
「夫・昌幸と共に配流となり、その直後に病に倒れた」とする説もあれば、「九度山には同行せず、真田家ゆかりの大輪寺で余生を過ごし、のちに出家した」とする説もあり、定かではありません。

巻物

このように諸説あるのには理由があり、当時の女性は表舞台に立つことが少ないため、書面などで記録されることがほとんどありませんでした。

また本名なども家外には知られることが少なかったため、わずかな記録があったとしても幾つかの通称が使い分けられており、詳細が分からないことが多いのです。

山之手殿の逸話から見えてくる気丈な女性像

山之手殿にまつわる話からは、武家の女性らしい気丈な人柄が伝わっています。

ここで、織田信長によって武田家が滅ぼされた直後の逸話をひとつご紹介しましょう。
主家である武田家が滅び、家臣であった真田昌幸の家族は、その身に危険が迫ることになります。

刀

山之手殿は息子の信幸と幸村とともに、岩櫃城(いわびつじょう)に入っていた夫・昌幸の下へ避難しますが、その道中で武士集団と遭遇してしまいます。

信之と幸村が逃げるのに自分が足手まといとなるのを恐れた山之手殿は、自ら命を絶とうとしたといいます。

武家の女性として、自分の命を捨ててでも息子たちを助けようとした母親の信念が伝わってくる逸話ですね。

<スポンサーリンク>

      2016/04/13


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ