さなコレ

戦国武将・真田幸村(真田信繁)についてのあれこれ情報

真田幸村は十文字槍の名人だった?刀より槍が主役の戦国時代

戦国武将

真田幸村といえば十文字槍
ゲームや映画などの影響で、真田幸村が「朱色の十文字穂先の槍」を持つ姿を想像する人も多いかと思いますが、実際のところはどうだったのでしょうか。

今回は真田幸村と十文字槍についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

戦国時代は刀より槍が主役だった!

戦国の世では「」が主な武器であり、意外なことに刀は補助的なものでした。

槍が使えなくなった時、槍が使えない場所での予備の武器という位置づけだったのです。

もちろん刀の腕も問われる事ではありますが、当時、戦いでの働きぶりが「槍働き」と言われていたように、槍の腕前が武人としてとても重要だったのです。

「十文字槍」は取り扱いが難しい武器だった?

真田幸村が使用していたとされる「十文字槍」とは、穂先が十文字に枝分かれした槍のことを指します。

刺突の際に相手が避けにくい形状になっており、相手の槍を引っ掛けたり払うなどの用途も併せ持っています。

Y-1戦国・真田丸
Y-1戦国・真田丸
posted with amazlet at 16.04.07
マイスタージャパン
売り上げランキング: 26,826

切っ先が三方向にあり、騎乗している馬を自分の槍で傷つけてしまうこともあるため、騎馬での使用が難しいとされていました。

そのため真田幸村以外でも使用していた武将はいましたが、腕に自信があり、槍を熟練した者のみが扱うことのできる武器だったようです。

<スポンサーリンク>

真田幸村は実際に十文字槍を使用していた!?

真田幸村が実際に使用していたとされる「十文字槍の穂先」が存在します。

関ヶ原の戦いのあと、謹慎を言い渡された真田幸村が過ごしたとされる九度山村。そこに「真田宝物館」があり、十文字槍の穂先が展示されています。

ただ九度山に存在している経緯などを含め、本物なのか疑問をもたれている物でもあります。

真田幸村の直系である「仙台真田家」には、本人よりもたらされたと伝わる槍も存在していますが、残念ながらそちらは十文字槍ではありません。

真田幸村は十文字槍の名人だったのか?

気になる真田幸村の「槍働き」ですが、実際はよくわかっていません。

ただ、真田幸村が使用したとされる十文字槍は朱槍(武功を挙げた物に与えられる、朱の色によって装飾された槍)」だったとされています。
そのことから、真田幸村の槍の実力は相当なものだったのではないかと考えられます。

大軍を押しのけ、徳川家康の目前まで迫ったということからも、真田幸村の槍の実力のすさまじさが垣間見えるのではないでしょうか。

最後に

ゲームや映画の設定は、見た時のインパクトを求めて事実と異なるケースが多いもの。

顔や衣装のデザインが異なるのは仕方ないにせよ、ゲーム等でよく目にする「十文字槍を携える真田幸村」のイメージは、史実にそって作られたものなのですね。

真田幸村は呪われた刀「村正」を持ち家康に恐れられていた?

<スポンサーリンク>

      2016/04/09


戦国ブログランキング参加中!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

この記事にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップ